トップページ > 浮気調査 > 父親が子供の親権を取る為の母親の浮気調査

父親が子供の親権を取る為の母親の浮気調査

2017/01/22 0:03:00

テーマ: 浮気調査

名古屋 探偵 行動調査

 

名古屋市の40代ご主人より、浮気調査の依頼をお受けしました。

お話を伺いますと「妻は夏頃から様子がおかしく、朝帰りもあります。結婚前から三股を掛けていたようで、浮気が分かった時にはショックで死のうとも思いました。離婚をして親権が取りたいです」ということです。

ご指定の日時に、探偵2名による浮気調査を実施しました。

夕方、ご自宅から調査を開始しますと、奥様が自宅から出てきてタクシーに乗車しました。

繁華街へ出ると、女友達と思われる女性と焼肉店で食事をしました。

約一時間後、店を出た2人はタクシーに乗車し、あるビルの前で降車しました。

店前にいた数名と会話をし、ビルの3階に上がりました。

立て看板には「プライベート・パーティ」と書かれています。

2時間後、このビルから出た2人は徒歩でしばらく歩き、あるビルに内在するクラブで受付を済ませて店内に入りました。

3時間後の深夜、クラブから出てきた奥様はタクシーに乗り、自宅に帰ったことを確認して調査を解除しました。

今回の浮気調査で、浮気相手の男性との接触は確認しませんでしたが、奥様が帰宅したのは日付が変わった深夜であり、小さな子供を家に置いて遊んでいることの証明にはなります。

父親が親権を取ることは簡単なことではありませんが、親権を取る為には「母親が、いかに子育てに不適格か」の証拠を積み重ねていけばよい訳です。

今回のような浮気とは直接結びつかない結果が出た場合も、決して無駄にはなりません。

同じように「離婚をして子供の親権を取りたい」という悩みを抱えた男性が、最近非常に多いです。

切実なお悩みだと理解しておりますので、遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

 


前田龍生探偵事務所お問い合わせ