愛知県公安委員会 探偵業届出番号 第54070097号

無料
電話相談
24時間365日対応0120-892-1540120-892-154
ご相談・お問い合わせ
トップページ > 浮気調査 > 単身赴任先から戻ったら、嫁さんが冷たい

単身赴任先から戻ったら、嫁さんが冷たい

2017/07/23 0:02:19

テーマ: 浮気調査

愛知県の40代ご主人より、浮気調査の依頼をお受けしました。

お話を伺いますと「海外へ単身赴任していましたが、戻ったら嫁さんの態度が冷たく、娘も何か入れ知恵されたのか愛想が悪いです。嫁さんが帰宅する時間に同僚の車を見掛け、その同僚が休みの日に嫁さんも勤務を休んでいます。私と嫁さんと同僚は同じ会社に勤務しています」ということです。

ご指定の日時に、探偵2名による浮気調査を実施しました。

調査初日、勤務先を車で出た奥様は自宅に一旦帰り、自転車で自宅を出ると、広場に向かいました。夜、同僚である相手男性の車が広場脇の道路に停まると、奥様は助手席に乗りました。居酒屋で食事をして約一時間後にでてくると、相手男性の車に乗り、発進せずに車内で会話をしている様子です。30分後、二人が車から降りて口論を始め、奥様は一人で駅方向に歩き出しました。数分後、コインパーキングに引き返した奥様は車に乗っている相手男性に物を投げつけ、タクシーに乗って発進しました。相手男性は車から降りて様子を伺った後、車で携帯を操作している姿を確認して調査を解除しました。

調査2日目の早朝、自宅を出た奥様は迎えに来ていた相手男性の車両に乗り、広場に向かいました。駐輪場にとまっていた子供用自転車に乗って自宅に一旦戻るとすぐに出て、付近に停まっていた相手男性の車両に乗り、発進しました。喫茶店でお茶をした後、愛知県郊外にある山に向かいました。二人は手を繋いでリフトに並び、頂上で芝さくらを背景にお互いの背中に手をまわして記念撮影をすると、帰りは徒歩で下山しました。相手男性が奥様をお姫様抱っこするとすぐに降ろし、奥様が怒って男性を蹴っている姿を確認しました。二人はランチを屋外で食べ、山を出て酒造見学した後、名古屋に戻り、眼鏡屋に寄ってから広場付近で奥様を降ろして別れました。

調査3日目の午後、潮干狩りをしている男性を確認し、調査を開始しました。相手男性の娘・息子と思われる子供二人と男性が会話しているところに奥様とお嬢様が現れ、潮干狩りの道具を洗って車内の荷物を整理すると、5名が男性車両に乗って発進しました。イチゴ狩りを楽しんだ後、ボーリング場に行き、夜は焼き肉店に入って食事をしました。奥様とお嬢様を自宅付近で降ろし、帰宅したことを確認して調査を解除しました。

調査4日目、午前中に自宅を自転車に乗って出た奥様は、違うマンションの駐輪場に自転車を停めると携帯を使い、しばらくすると相手男性の車が現れました。車内で奥様はシートを倒した状態で走行し、名古屋市内のスーパーで子供服を購入した後、大きな公園に入り、レジャーシートを広げると二人は座ってキスをしました。バトミントンをした後、車に乗るとそのまま郊外にあるラブホテルに入ったことを確認しました。約2時間半後に二人は部屋から出てくると車に乗り、奥様を朝方自転車を停めたマンション前で降ろし、奥様が自転車に乗って帰宅したことを確認して調査を解除しました。

調査5日目、パチンコ店を出た二人を確認し、調査を開始しました。二人はフランス創作料理屋でランチをとると、城を観光しました。道中、相手男性の首に手をまわして抱き着く奥様の姿を確認しました。二人は付近の鞄工房に入って見学し、甘味処で休憩すると車に乗り、奥様がいつも自転車を停めるマンション前で別れると、奥様が自転車をこいで自宅に帰宅したことを確認し、調査を解除しました。

調査6日目、自宅から歩いて出た奥様は近くのコンビニ駐車場に停まっていた相手男性の車に乗ると、病院に行きました。病院から出た奥様は後部座席に座り、パスタ店にてランチをとると、本人自宅付近を周回し始めた為、警戒心を考慮し、調査を一旦中断しました。名古屋市内で相手男性の車両を確認しましたが、暫くしても二人が現れなかった為、調査を解除しました。

調査報告書をお渡ししますと「これだけ調査をしても1回しかホテルに行かないということは、付き合いがそれだけ長いのでしょうね。弁護士の先生に一度見せてみます」ということです。

通常、不貞関係にあるカップルは、食事して即ラブホテルというパターンか、ちょっとだけショッピングをしてラブホテルというパターンが殆どですが、今回はアウトドア派といいますか、様々な観光地へ出向き、なかなかホテルへ行きません。

ご主人は「離婚するのは嫁さん次第」ということですが、いくら浮気相手と仲良く見えたとしても双方に家庭があり、子供もいる為、簡単に離婚という結果にはならないものと思われます。

同じ会社の同僚ということですので、毎日顔を合わさなければならず、気まずくならない訳がないと思いますが、調査をして証拠を握っていることは最後まで明かさず、切り札として取っておいてください。

なぜならば、いざ裁判となった場合に、相手に対し「どこまで知っているのだろう…」という心理的プレッシャーを与える為です。

また分からないことがあれば、いつでもご相談ください。

 

 

 


名古屋市浮気調査探偵

New!

2017年8月16日

自分で不倫現場を撮影しようとしたが、ホテルへの出入りが撮れない

  愛知県の40代ご主人より、浮気調査の依頼をお受けしました。 弁護士からのご紹介です。 お話を伺いますと「妻の帰宅が遅く、G…続きを読む

浮気調査名古屋市

New!

2017年8月10日

成功報酬制の浮気調査で、別居中の旦那の様子が知りたい

  近畿地方の30代女性より、浮気調査の依頼をお受けしました。 お話を伺いますと「主人とは事情があって別居しています。旦那から…続きを読む

探偵 名古屋 離婚相談

2017年8月4日

浮気相手の女性と本当に別れたのか確認したい

名古屋市の50代奥様より、浮気調査の依頼をお受けしました。 リピーターのお客様です。 以前のご相談時には「子供もまだ小さいですし、離婚は…続きを読む

探偵にLINEで相談

金山総合駅北口より徒歩5分
前田龍生探偵事務所
  • 愛知県名古屋市中区金山5-2-30
  • TEL(052)889-2020
    FAX(052)889-2021
  • 愛知県公安委員会 探偵業届出番号 第54070097号

無料電話相談

24時間365日対応

0120-892-154